tTakana - テキスト出力

テキスト出力スタイル設定

テキスト出力スタイル設定メイン テキスト出力スタイル設定初期値追加 カテゴリ出力設定

(↓必須の2つを指定した状態)

テキスト出力スタイル設定必須項目指定後

[メニュー]→[カテゴリ設定]で、カテゴリ設定画面が表示されます。

カテゴリ設定

[メニュー]→[項目設定]で、項目設定画面が表示されます。

項目設定

[メニュー]→[備考設定]で、備考設定画面が表示されます。

備考設定

TOP

仕様・注意点

TOP

「ViewText」の使い方

ViewText初期画面 ViewTextメニュー1 ViewTextメニュー2
○注意点

tTakanaでテキスト出力ファイルを更新しても、それだけでは「ViewText」の表示は更新されません。
(「ViewText」がテキストファイルの変更を監視しているわけではないので)
「ViewText」でいったん表示ファイルの切り替えを行った後に、目的のテキスト表示に戻してください。
(「ViewText」にフォーカスが当たっている状態で[←]キー⇒[→]キー、または「ViewText」エリアの左側タップ⇒右側タップなど)

○tTakana出力ファイルの表示サンプル

tTakanaでテキスト出力スタイルを設定して出力したファイルが、どんなふうに「ViewText」に表示されているかのサンプル画像を、以下に載せます。

・サンプル1
(出力ファイル名と出力カテゴリのみ指定、あとは初期値)

ViewTextサンプル1

・サンプル2
(カテゴリ名前後文字=「《」「》」、チェック項目後文字=「(済)」、備考出力=あり、項目-備考間=改行、備考前文字=「 - 」、備考内改行後挿入文字==「 - 」)

ViewTextサンプル2

・サンプル3
(カテゴリ名前後文字=「【」「】」、カテゴリ名-項目間=指定文字「(なし)」、項目間=指定文字「、」、チェック項目前文字=「○」)

ViewTextサンプル3

・サンプル4
(項目前文字=「×」、チェック項目前文字=「○」、チェック項目前後文字の処理=項目前後文字と置き換え)

ViewTextサンプル4

・サンプル5
(カテゴリ名前文字=「■」、項目間=指定文字「 」、項目前後文字=「〈」「〉」、チェック項目後文字=「[済]」、チェック項目前後文字の処理=項目前後文字の内側に付加)

ViewTextサンプル5

TOP